日々ことり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初夏

なんだこの気候はー!
これぞ初夏というものか

じめりとまとわりつくもの
でも窓からの風と眺めは気持ちよく

月内にこなさなければいけないことがたくさん
全部気持ちよく終えたら
もう半年終わりになって

夏をどうやって満喫しようか・・・!

TS3W0537.jpg
ダルさをふりはらうべくウォーキング

スポンサーサイト

PageTop

煙か土か食い物

これはやられた

読み始めはすごい違和感でガキっぽいって思ったのに
途中からヘンなスイッチ入って感想も感情も一気に変わった

ルールを無視した文体と改行のなさと
汚い言葉とスピード感は
色々なメッキを一気にはがして核心をついてくる

オブラートをとっぱらった上での感情がむき出しになってきて
なんだか心を掻き毟られて
すごく共鳴した

羨ましいと思った
感動したし気持ちがよかったし面白かった

あぁ~
また新しい作家に出会って嬉しい ありがとう

31NVD9BK8ZL__SL500_AA227_.jpg
舞城王太郎「煙か土か食い物」

PageTop

Reservoir Dogs

会話がおしゃれすぎる!

タランティーノのデビュー作
デビューでこれなんだからやっぱりすごいなぁと

そしてなんと言ってもおしゃれだ
音楽も映像も
役者陣のしぐさも会話も
やっぱりタランティーノの映画はおしゃれだ~

よくみんなパルプフィクションが好きっていう人が多い
人生観が変わったくらいに言うともだちもいたよ

わたしは初めてみた時にそこまでの衝撃はなかった
やっぱり感想は「おしゃれやなぁ~」だった

ふぅむ みんなとわたしのその差はなんだろうか

21248404JZL__SL500_AA140_.jpg
でもそこを追求するのもめんどくさいという「めんどくさガール」なのだ


PageTop

岳物語

椎名誠さんの本はおねぇが好きで
実家の本棚には椎名さんの本がたくさん残っている

若い頃は全然興味がなかった

大きくなって読む本が尽きるとなんとなくおねぇの残り本をあさる
たまに椎名さんの本を手にとってめくったこともあったけど
なんだかピンとこないからやっぱり最近でも読んでなかった

「あの人の本って旅系が多いんでしょ?」

どうやら7割くらいは旅本だけど残りの小説がすごくいいんだよという噂
そして読んだのがこの「岳物語」
「岳(がく)」とは椎名さんの息子の名前
夫妻が山が好きだからつけたんだって
すごくかっこいい男の子らしい名前 いいな私もつけたいよ

そしてこの本は岳くんを中心とした親子のお話 私小説

それはそれは最高によい本!大好きな本に一気にノミネート!
椎名さん夫妻の子育てに対する姿勢が好きだし
なんともいえない椎名さんの言葉遣いややわらかい空気が好きだし
親子のやりとりが好きだし
もう本当に最高にすてきな私小説だ

嬉しい
椎名誠さんと出会わせてくれてありがとう
久しぶりに私の読書生活に新しい小説家乱入です

21A1AB47X2L__SL500_AA200_.jpg
椎名誠「岳物語」

PageTop

さまよう刃

東野作品も続きが読みたくて読みたくてウズウズする

問題定義をしている
少年法について
物語が復習を遂げずに終わるあたり
人によっては物足りないかもしれないけれど
リアルに問題定義している形になっているんじゃないかなとか
思ったり思わなかったり


どっちにしろ東野作品は時間さえあればドンドン読んじゃう

宮部さんと違うところは この人は男だというところ
描写や観点が違う 微妙に
男が男を描く時、女が男を描く時、男が女を描く時、女が女を描く時
それは微妙に異なって現われると
わたしは思う

読みながら なんだかそれを思ったなぁ

51XCZYWHTRL__SL500_AA240_.jpg
東野圭吾「さまよう刃」

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。